Blog

中国語教室ですが漢字は使いません

 中国語教室なのに漢字を使わないと言うと「えっ?」と思うかもしれませんが、正確な発音と安定した声調を身につけていただく段階ではあまり漢字は必要としません。なので通常の授業は声調記号のついたピンインを聞いたり、発声したりという形で進めていきます。

漢字ではなく音で中国語を感じてみよう

 日本語と同じで漢字を使う言語といっても中国語はあくまで外国語です。入門段階ではフランス語とドイツ語と同じように発音をしっかりマスターしなければなりません。私達の経験では中国語も入門段階では漢字は使わずアルファベットだけを使用した方が、外国語という意識が高まり発音の習得効率が良くなるようです。中国語を漢字の連続ではなく、外国語の音の連続としてとらえてみることは中国語の入門・初級段階ではとても大切なことです。

 またピンイン道場では入門者の方以外にも初級・中級のレベルの方の発音矯正の役割も担っています。初級・中級の方はある程度の漢字の読み方を知っています。ただ上手に発声出来なかったり声調が乱れてしまっています。その場合自分の持っている正確ではない発音やトーンを一度リセットをした方が良いのです。ただそこで知っている単語を漢字で出してしまうと悪いクセを引きずってなかなか矯正が出来ないので、あえてアルファベットのピンインだけで訓練をします。

漢字は味つけのスパイスとして使用しています

 実際にはアルファベットだけを読み聞きしていても中国語を勉強しているという雰囲気は出ませんし、せっかく聞けて発声も出来る単語が増えても、漢字や意味を知らなければ意味がないので、授業では漢字もちゃんと出てきます。ただピンイン道場ですからメインは「ピンイン」です。漢字は味つけのスパイスと思って理解して下さい。

 もしあなたがこれからも中国語を使い続けていくのであれば、発音習得のためにピンインに向き合う時間はあなたの中国語人生の中ではほんの一瞬です。どうか皆さんこの一瞬を大切にして下さい。そしてその一瞬を有効に使うため是非とも私達ピンイン道場を活用して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページに関連しているページ