感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 河北省 >> 秦皇島市

秦皇島市(しんのうとう)

秦皇岛 / QingHuangDao / チンフォワンダオ

位置と地勢

秦皇島市は河北省の北部に位置し、南は渤海に面し、東に遼寧省、西に北京・天津と接している。東北地方と華北地方の結合部に当たり、北方随一の不凍良港・秦皇島港を有するこの地区は、環渤海経済区の中心地帯となっている。

行政区画

市下の管轄は、市政府の位置する海港区と山海関区・北戴河区の3つの区と、昌黎県・撫寧県・盧龍県・青龍満州族自治県の4つの県に分かれている。全市の面積は7812平方キロで、人口は268万人。

歴史

215年に秦の始皇帝が東巡の際にこの地に立ち寄り、燕人の盧生を東海に派遣し仙人を捜させてた故事から「秦皇島」の名が付いた。

商・周の時代には「孤竹国」の一部で、春秋戦国時代には燕国の版図に属した。前漢時代には遼西郡・右北平郡にそれぞれ属し、後漢から遼西郡に属した。南北朝から隋にかけては遼西郡・北平郡、唐代には平州・営州、金代には平州・瑞州にそれぞれ属した、元代には中書省の永平路と遼寧行省の大寧路、明代・清代には永平府の管轄に置かれた。中華民国においては河北省と熱河省に属した。1948年に山海関と北戴河を合わせて秦楡市が設置されたが、翌年には秦皇島市に改名され、省の直轄市となった。

市域の北東部にある山海関は、万里の長城の東端であり、古くから華北から東北へ通じる交通上の要害として歴史上重要な役割を果たしてきた。特に明朝と東北の女真族(満州族)との戦いでは、満洲のヌルハチ(努爾哈斉)・ホンタイジ(皇太極)の二代に渡る猛攻を撃退し、1644年に明が農民反乱軍に滅ぼされたことを知った守将の呉三桂が、清軍に開城するまで清の入関を拒み続けたことで知られている。

観光

市域内には万里の長城の東端である山海関と華北有数のリゾートである北戴河がある。山海関は「天下第一関」と呼ばれる城楼を中心に、長城が海へ突き出た「老龍頭」や中国伝説上の悲劇のヒロイン孟姜女を祭る「孟姜女廟」など見所も豊富。一方北戴河は清朝末期に朝廷が外国人向けに開発した避暑地で、新中国成立後は国家指導者の避暑地として海外でも名前が知られている。最近では南側の南戴河の開発も進められ、北京から最も近い避暑リゾートとして人気が高い。

エリアカテゴリー

秦皇島市

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意