感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 北京市 >> 市内中心部 >> 故宮

故宮(こきゅう)

故宫 / GuGong / グーゴン

故宮

写真:感動大陸

故宮は別名紫禁城とも呼ばれ、北京市の中心に位置している。1420年(明の永楽18年)に建築され、総面積は72万㎡。周囲を高さ10mの城壁に囲まれながらも、その外側には深さ6m、幅52mのお壕が巡らされている。城壁の四方にはすべて門があり、さらにその四隅には物見櫓が立っている。宮殿の面積は16万㎡。その中に9000室にものぼる部屋があり、現存する王宮としては世界最大規模である。

故宮は乾清門という門を堺にして、大きくは外朝・内廷の2つに分けられる。外朝とは故宮の中でも最も目をひく三大殿(太和殿・中和殿・保和殿)が中核であり、太和殿は最も華麗で豪華な建築物である。時の皇帝は大きな式典を催す際にこの場所を使った。中和殿はそういった大式典の準備や休憩をとる場所として、保和殿は年越しなどに外藩の王公を招いて大宴会を催す場所として使われた。明朝、清朝合わせて24人の皇帝がここを封建統治の中心としてきた。三大殿を過ぎるとそこに華麗な門が見えてくる。この門は明代に建てられた乾清門、即ち内廷の正門である。清朝の皇帝はここで臣下の上奏を聞き政事の裁可をすることもあった。内廷の中には後三宮と呼ばれる建築物があり、前方が乾清宮という皇帝の寝室、後方が坤寧宮という皇后の寝室、そしてその間に建つ交泰宮は内廷の小式場として祭礼儀式などに使われた。清朝末期になると皇帝と皇后は後三宮から西六宮という場所に移ったが、なかでも有名なのは養心殿という建物で雍正帝の代からここが皇帝の執務室兼寝室となった。かの有名な西太后もこの場所で40年余りの間、垂簾の政を行った。また、故宮には世にも珍しい文化財が100万点以上あり、1987年には国連より世界遺産に指定された。

故宮のサブ項目
午門 太和門 太和殿 中和殿
保和殿 乾清門 乾清殿 交泰殿
坤寧宮 御花園 東六宮 寧寿宮
皇極殿 珍妃の井戸 西六宮 養心殿
保和殿東回廊 保和殿西回廊 乾清宮東回廊 奉先殿
乾隆花園 神武門    
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意