感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 北京市 >> 市内中心部 >> 雍和宮

雍和宮(ようわきゅう)

雍和宫 / YongHeGong / ヨンハーゴン

写真募集中

雍和宮は清の康煕33年(1694年)、康煕帝が息子雍親王の為に建てたもので雍親王府と呼ばれていた。王府とは邸宅の意であるが、雍正3年(1725年)“行宮(御所)”と改められ、雍和宮と呼ばれるようになった。その後の乾隆9年(1744年)、チベット仏教の寺院となり、ラマ廟と呼ばれるようになった。

雍和宮はアーチ門と天王殿・雍和宮大殿・永佑殿・法輪殿・万福閣などの豪華な大殿から成り、他に東西配殿や四学殿(講経殿・密宗殿・数学殿・薬師殿)がある。それらの建物の配置は南から北に向かってだんだん小さくなり、逆に高さはだんだん高くなっている。

雍和宮の中でも“三大絶品”と評価されているのは、まず万福閣の弥勒像で、白檀の木を彫り上げて作られている。二つ目は法輪殿の阿羅漢であり、500もの阿羅漢は金や銀、銅や鉄、錫でできており、そのひとつひとつが異なっていて神秘的な雰囲気をかもしだしている。三つ目は楠を彫り上げて作られた仏龕である。雍和宮はチベット文化と宗教の宝庫であり、1961年には国務院により全国重要文物保護団体として指定された。

雍和宮のサブ項目
牌楼群 天王殿 大雄宝殿 東西配殿
永佑殿 法輪殿 万福閣  
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意