感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 河北省 >> 承徳市 >>承徳市内 >> 避暑山荘

避暑山荘(ひしょさんそう)

避暑山庄 / BiShuShanZhuang / ビーシューシャンジュワン

写真募集中

承徳市街地の北部に位置する避暑山荘。1703年(清の康熙42年)に創建され、その後87年もの歳月をかけて完成した。総面積は564万平方キロ、現存する中国最大の皇宮だ。清の歴代皇帝の避暑地として、またその期間に政務を執り行う場として使われた。歴代の皇帝らは1年のうち約半分をここで過ごしたため、承徳離宮とも呼ばれた。1994年には世界文化遺産に登録された。

避暑山荘は大きく宮殿区と風景区に分かれており、風景区はさらに湖景区、平原区、山景区に分かれている。

宮殿区は、避暑山荘の南端に位置し、山荘観光のスタート地点。総面積は4万㎡。ここには、歴代皇帝の宮殿や居室など多くの建築が集中している。主なものとして南から順に、避暑山荘の主殿にあたる澹泊敬誠殿、四知書屋、煙波致爽殿、雲山勝地楼、松鶴齋などがある。

宮殿区の北に位置する湖景区。湖には西に環碧、北に如意、東に月色江声の3島が浮かび、これらは橋でつながっている。環碧島の北側にある採菱渡は、かつて女官たちが舟に乗って湖に自生する菱を採取するための渡し場だった。如意洲に建つ延薫山館は皇帝が政務を執り行う場として使われていた。この北側にある青蓮島には煙雨楼があり、そのまま湖に沿って北上すると、清代の七大蔵書閣のひとつである文津閣に至る。

湖景区の北に広がる平原区。草原が一面に広がる“万寿園”の中央には豪華なモンゴル・パオが置かれ、酒宴や外国使節との接見に使われた。熱河泉から南へ向かうと金山島。この島にある建築群には江南地方の様式が用いられており、風情ある景色が楽しめる。

山景区は、避暑山荘の西北部に広がる起伏に富んだ山地で、避暑山荘の5分の4の面積を占める。気候は非常に涼しく、承徳市内に比べ4~5℃も低い。ここには、四面雲山亭、南山積雲亭、鐘峰落照などがあり、素晴らしい眺めを楽しむことができる。

避暑山荘のサブ項目
麗正門 澹泊敬誠殿 四知書屋 煙波致爽殿
雲山勝地楼 松鶴斎 如意洲 煙雨楼
万樹園 文津閣    
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意