感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖北省 >> 荊州市 >>荊州市内 >> 開元観

開元観(かいげんかん)

开元观 / KaiYuanGuan / カイユェングヮン

写真募集中

荊州城内の近くで、湖北省重要文化保護財になっている。唐開元年間(713~741)に造られたので、開元観と呼ばれている。後代間に修繕があり、現存残っている建物は、明、清なって建てられたものだ。今なお中心的な建物である山門、雷神殿、三清殿、天門、祖師殿の保存はとても良い。観光地区の面積は、約5000平方メートル、北側から南を向くと、1つの門と3つの殿が中心に沿ってはしごのように並んでいる。山門は木造で門の上にはアーチがあり、廡殿頂、三道門、形は繊細で美しい。門前は石の彫刻の獅子が一対しゃがみこんでいる。

雷神殿は、幅が広い3部屋、奥行きのある3部屋、7つの梁を前後に引っ張ぱる、4本の柱で造られている。

三清殿は高さが約1メートルの土台の上に建てられている。前のひさしは山頂で休んでいるように見える。幅が広い5部屋、奥行きのある3部屋、ひさしは5つが重なり合い、頭をもたげるように反り返っている。平身科明門は4つが集まり、1つになっている。後のひさしと両側は3枚のひさしがあり、雲を際立たせている。開元観の後ろに高台が建っている。台の高さは、3.3メートル、下に降りるのには、20段の石段がある。石段の石の欄干には鳥や獣人物の彫刻が何種類か置かれている。中の陳列物を見ると、荊州博物館の構成になっていて山門の前に幅が狭いテーブルがあり、高台の平な面に突き出ている形を示している。

天門はレンガで造られている。単門道、廡殿式の屋根、龍がとぐろを巻いたような峰など、生き生きとしている。祖師殿の重なり合ったひさし、幅が広く、奥行きがある3部屋、平面は、正方形である。四方は、廊下に囲まれていて、反り返った軒先には、龍の頭が彫られている。殿内の装飾はとても美しく、古風かつ優雅だ。中央の天井板には、五色の龍鳳の絵が描かれている。15頭の金龍と20羽の鳳凰が描かれ、生き生きと本物そっくりだ。上のひさしは5つが重なり合い、反り返っている。部分的に偽せ物の升組みが使用されている。下のひさしは、4つが重なり合っている。殿内には井口や天井板があり、さまざまな色の龍鳳の絵が描かれていて、煌びやかで美しい。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意