感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖北省 >> 荊州市 >>荊州市内 >> 荊州古城

荊州古城(けいしゅうこじょう)

荆州古城 / JingZhouGuCheng / ジンジョウグーチョン

写真募集中

別名を江陵城と呼ばれ、中国の歴史的な城の1つである。 南隣には沙市、そばには長江が流れる。鏡のような湖と青々とした水の中を城壁はぐるっと取り囲み、地形によって起伏し、湖と池をぬって迂回している。くねくねしていて龍が遊んでいるようである。巍巍古城は、既に2000年余りの歴史があり、秦漢に、城の周囲を造り、五代十国の後で、レンガで城を建てた。宋、元、明には何度も壊れその都度、修理した。現在完全な形の古い城壁は、清順治3年(1646年)明代に建てられた物で、ここ数年、城壁の内外に沿って修繕し、多くの新しい名所となった。

多くの人が《三国史》の中で劉備は荊州で泣き、関羽がうかつにも不注意で捕らわれるという物語を知っている。ここ荊州は“兵士が必ず争う地”となっている。この有名で文化的な城は、広々としていて、豊かな江漢平原の西に位置する。漢朝の時代には、全国36州に分けられていて、ここは北に荊山がいるため名が知られた。東晋後、何人かの皇帝はここに都を定め、兵士が必ず争う地として、この都市に歴代の王朝が兵を駐屯させて府の要衝とした。

荊州城は各地から訪れることができる。東西南北、水路と陸路の交通の中枢につながっている。ここの土地は肥沃で、気候は温暖で、特産物は豊富で、全国の重要な商業の中心となっている。西漢の時代には、南方の5郡の中で1番となった。

荊州のこの名は、大禹が治水する時、必ず九州(冀、袞、青、楊、荊、豫、梁、雍)の一つで、当時境界線内にある荊山で名を知られた。三国時代後、荊州城はずっと州、郡の政府の所在地だった。そして、ここに都を定めた。

荊州の古城は三層で、外にはほりがあり、中間はレンガの城壁、中は土の城だ。当時、洪水などで、城の基礎が落ち込むことを防止するため、城壁の土台の石の目に沿って中にもち米のどろりとした液体を注いだ。城壁はとても丈夫になった。三国の蜀将の関羽が長く荊州に駐屯することになり、突然9人の仙女が下界に下りたと言い伝えられている。王の母である王妃の意思は、荊州での戦争が多すぎると言い、土地を取り戻し、凡人に奪われることを許さない。関羽は忠実に、兄に荊州を譲らないで、1つの策略を考え、言った。“あなた達は西北、私は東南に行き、それぞれ1つの城を築こう。城の周りは5千歩、日暮れから、ニワトリが鳴くまでに、誰が先に造りあげるか、誰がこの地方を管理するか。”9人の仙女はスカートのような服を使って土を包み、関羽は芦や葦を伐採し城を建てた。関羽の城出来上がり、9人の仙女は城の片隅にいた。ニワトリはまだ鳴いていなかった。関羽が、鶏かごを揺さぶると、雄鳥は鳴き、9人の仙女は天に昇っていった。これが現在の荊州城の北門の外で9人の女性由来である。また張飛もてんびん棒を担いで2人の兄の築城を手伝いに来たと言い伝えられている。しかし来るのが遅くなった。彼は、東門の外で倒れていた。現在の人は、二つの小さな山のような土が盛ってあると“張飛一担土(張飛が一回担いだ土)”と叫ぶ。これらはすべて神話で、しかし東呉から防備するため関羽が、漢代に新しい城を築いたという、歴史の記録が残っている。

荊州城から北5キロメール、春秋戦国時代の南方の最大都市の遺跡である。“楚紀南市街”。楚国には、20人の国王がおり、411年程ここに都を定めた。古い街は、地上、地下、市街、郊外と豊富な楚国文が埋蔵している。ここでよく2千数年前の瓦と陶片と拾うことができる。

荊州の古い街の中で三国時代の古跡や関羽の軍で使った大きい鉄製の鍋、飼い馬のまぐさ桶などが出てきた。;呂蒙が荊州を襲う時、守備隊のよろいやかぶとを甲山に投げ捨てて逃げた。城外、八峰の山中には、三国時代の関羽の伝説に関係する遺跡が多く残っている。八峰の南端を下ると落帽台がある。山中を出発して、松林を横切り、関羽の鉋泉に到着する。泉の畔の碑文は:“劉備はとても悩んでいた。関羽を救い導くのにどの道を通ればいいか…軍隊が困り果てたとき、忠節心からか泉が湧き出した。今なお語り伝える。”と記されている。現在この泉の水は、茶亭で遊覧客にお茶を入れるために使ったり、あるいは酒造工場で酒を醸造するために使われている。今では、客をもてなすために使用されている。

悠久の歴史のある荊州には、数えられない程の古文物がある。現在、荊州博物館内で3000数件保管されている。目的を成し遂げるために自らを励ますことで名高い越王句践が使用していた名刀が、1965年に荊州城の北で出土された。剣に烏篆の銘文がある:「越王句践、自作用剣」と8つの大きな文字が刻まれている。剣の身には、ひし形の模様が付いていて、象眼の3色のガラスとトルコ石も埋め込まれている。剣の刃はきわめて鋭くて、今なお毛を吹いて断髪でき、鉄を泥のように削る事ができる。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意