感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖北省 >> 襄樊市 >>襄樊郊外 >> 古隆中

古隆中(こちくちゅう)

古隆中 / GuLongZhong / グーロンジョン

写真募集中

襄陽城西門から13キロメートルの群山の中に位置して、諸葛亮の旧居を主体とした襄樊市近郊の文化財の景勝地である。総面積12平方キロメートル、観光地区内には隆中山、楽山、大旗山、小旗山及び谷状のくぼ地がある。主峰の隆中山の海抜は306メートル、峰は、旋回し起伏している。勢いもあり、とぐろを巻く龍のようだ。;谷を隔てる大旗山を望み、1頭は頭を高くもたげ、1頭はゆっくりと垂れ下げ、虎が横になるっているようだ;山上の林は竹が青々と生い茂って、雄大で美しい;山のふもとの泉水、池塘、谷間を流れる小川はさらさらと流れる。

古隆中の主な観光地は、豊富な人文の景観と優美な自然環境である。“山は高くなく優雅で、水は深くなく澄んでいる;地は広くなく平坦だ;林は大きくなく繁茂している。”羅貫中が《三国演義》中で古隆中をこのように述べている。今日、古隆中の自然の景観の変化は少ない。ただ多くの記念性の建物が増えたが、まだ庭の奥深い所にあの4人を取り囲む古桂樹が、毎年8月になると、満開に花を付け、香りは人にしみ込む。

三国時代の諸葛亮の旧居。
諸葛亮(181~234)、あざなを孔明といい、山東の琅邪陽都(今の山東沂南の南)の人だ。三国時代にぬきんでていた政治家、軍事家で、17歳の頃叔父の諸葛玄に従って襄陽に来た。隆中に隠遁し、自ら田畑を耕し、勉学に励み、世の中にも注意を払った。“臥龍”と呼ばれるようになった。歴史の上で有名な“三顧茅盧”と“隆中対”もすべてここで発生した。隆中の諸葛亮の旧居は諸葛亮を記念する重要な場所の一つだ。西晋鎮南の将軍の劉季和によって公元304年隆中で諸葛亮の旧居に石碑を立てて以来、歴代の人々は隆中のすべての遺跡を貴重な文化財だと見なして、続々と修築した。武侯祠、三顧門、三顧堂、古柏亭、抱膝亭など、記念として建築した。;また諸葛亮のいくつかの重要な遺跡を定め名称を付けた。如躬耕田、小虹橋、六角井、抱膝石、梁父岩、半月渓、観星台、琴台など、次第に形成された隆中の十景は、主に隆中の風景と文物である。

隆中の山林の中に大量の諸葛亮、劉備、関羽、張飛の遺跡と歴代の修築された記念の建物がある。遺跡から伝わってくる諸葛亮の重要な活動、あるいは歴史の上の重要な事件などだ。豊富な文化の内包を持っている。現在、保存されているものと修復した記念の建築物の面積は庭を含まずに、13ムー(0.8ヘクタール)だ。厳粛な殿堂があり、山、水、亭、廊、楼、高殿もあり、建築の風格は質素であるが、湖北省の西北の民家の特色が色濃く出ている。武侯祠は晋朝に建て始め、隆中に文化財区を形成し、既に1600年余りの歴史を持つ。隆中の諸葛亮の旧居、現在は湖北省重要文化財と風景の景勝地の1つになった。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意