感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖北省 >> 宜昌市 >>当陽市 >> 長坂橋

長坂橋(ちょうはんきょう)

长坂桥 / ChangBanQiao / チャンバンチャオ

写真募集中

当陽市は湖北省の西にあり、沮漳河の中流から下流に位置し、荊山山脈の南、東は荊門市との境に隣接している。;東南は江陵と隣接し、;南は川を渡り、;西は宜昌は相連なる。当陽が有名な三国時代の古戦場に、108回の《三国演義》中で生まれる湖北の物語は76、当陽が37、そのため当陽が“三国景勝の地”と称され、三国の遺跡と古戦場を残し、その中の最も有名になったのは長板坡である。

長坂坡は当陽市の玉陽鎮常山の趙子龍は幾重にも重なり、包囲には並ぶ物が無く、勇ましい姿を南西に位置しいる。中国で最も有名な三国時代の古戦場の1つだ。《三国演錦屏草木識英雄儀》、《三国志》に記された趙雲、張飛が曹操と戦う物語はここで生まれた。明万暦年間、史官は長坂坡で東漢常山、趙子龍が曹軍と戦った古戦場である。

長坂坡は、当陽橋とも呼ばれていた。当陽市の北の郊外と西の郊外に中隊長がいたのでこの名が付いた。もと名前は、官橋である。三国時代、蜀の将軍張飛はかつて矛を横に一人逃げる曹兵がいた。このことから横矛と改名された。古くダムをさえぎる物があった。かつて建てられた張飛と趙雲の祠だった。そこから灞陵橋と呼ばれた。東漢建安13年(208年)、曹操は劉備を追撃して、張飛は蛇矛を素早く取り、馬に乗り橋の上に立った。大喝いわく:“燕人の張翼徳はここで、誰が決死の戦いを挑んでくるものか。”声は雷のように大きく、曹操の馬は驚き、衆将は一緒に西には駆け、銃を捨てかぶとを無くした者は数えきれない。:“長坂橋は殺気を生んで、銃を構え馬に乗り目を見開く。一声は、曹家の百万兵を退かせる。”思いを成し遂げるには、長い年月、志を持たねばならない。現在の遺跡は、清雍正9年(1731年)石碑を立て、“張翼徳横矛処”を刻んだ。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意