感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖北省 >> 十堰市 >>武当山 >> 天柱峰

天柱峰(てんちゅうほう)

天柱峰 / TianZhuFeng / ティエンジューフォン

写真募集中

金頂は、峨眉山の第二の高峰で、海抜3077メートル、ここの近くにはアジアの高山針葉樹が生息している。主にモミが生息し、麓に行けば峨眉のバラ、ヤダケ、ホトトギスの他、独生草、延齢草、大葉柳などの古くて稀少な植物が生息している。この自然を保護するため、観光地区を新しく作り、面積400ヘクタールのモミと独生草、延齢草の保護地区とした。

金頂で最も早い建立物は、東漢時代の普光殿、唐、宋時代の光相寺で、明洪武時代に宝曇和尚が再建した、鉄瓦殿。錫瓦、銅瓦の二殿は明時代の別傳和尚が創建した。金頂の金殿は明万暦年間に妙峰禅師の創建した銅殿、万暦皇帝の朱栩は題名の“永明華蔵寺”を書いた。金頂の名は、“金殿”から名付けられた。関連資料の記録によると、金殿の高さは、2丈4尺5寸で、広さ1丈3尺5寸、深さ1丈3尺5寸、瓦、柱、扉、窓、四方の壁の握り金具は、青銅鋳で作られ、中にある普賢菩薩像のそばには、沢山の小さい仏像が並び、門の上には、蜀の山や川、道路などが彫られている。技術は完璧で、ため息が出るほどの出来である。朝陽が山頂を照らす時、金殿に日が当たりきらめき、まばゆさに目を奪われる程壮観なので、故人達は“金頂”と呼んだ。残念ながら清代の道光年間に、大火事が起こり、金殿は焼き崩れた。焼け残った物は、銅碑と王硫宗が編集した王羲之の書、《大峨山永明華寺、新建銅殿記》、傳光宅編集した褚遂良の書《峨眉山普賢金殿記》華蔵寺と、他にも何枚かの金殿の窓や門がある。この何件かの遺物の中に、当時、輝いていて壮観だった金殿に出会うことができる。

銅殿が壊された後、光緒年間に心啓和尚はその場所に磚殿を建てた。1972年4月8日にまた不幸にも火事を出し、修繕し綺麗になった華蔵寺が灰になった。1986年、国家は260万元資金を割り当て、華蔵寺を再建した。その後1990年9月11日に落成した。現在の華蔵寺は以前の物に比べ大規模で、建築の質は高く、朱色の閣は飛ぶように壮大で美しく、殿は勢いがあり、天を突くばかりに高く聳えている。

天柱峰のサブ項目
金殿 大岳太和宮    
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意