感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 広東省 >> 広州市 >>広州市内 >> 黄花岡七十二烈士陵園

黄花岡七十二烈士陵園(こうかこうななじゅうにれっしりょうえん)

黄花岗七十二烈士陵园 / HuangHuaGangQiShiErLieShiLingYuan / フォワンフォアガンチーシーアルリエシーリンユェン

広州市にある黄花岡七十二烈士陵園は孫文の革命に参加し、道半ばで殉死した革命烈士を記念する陵墓です

写真:oniroku

広州市の白雲山の南麓、先烈路に位置する。1911年4月27日、孫文の指導で同盟会が清政府に対する武装蜂起を行うも失敗、革命党員100名以上が犠牲となる。その後、同盟会員の潘達微の奔走によって72人分の遺体だけが回収され当時紅花岡と呼ばれた現在の地に葬られた。その後この地は「菊花」を意味する黄花岡と名称が改められた。陵墓の造営は1912年に始められ、愛国人士や海外華僑の資金援助を得て1918年に完成した。

現在の敷地面積は16万㎡にもなる。園内には黄色の各種植物が咲き誇り、烈士たちの不屈の精神を象徴している。鉄鎖の柵で囲われた正方形の墓石の上に“七十二烈士之墓”と刻まれた石碑が立つ。墓の後方に彼らの功績を讃える記念堂が建っている。 72個の長方形の石塊で金字塔が形づくられ、最上部の松明を高く掲げた自由神像が格別の風格を醸している。入口には章太炎による“民国創建七十二烈士記念堂”の篆刻の額が掲げられている。建物の裏手には、武装蜂起の詳細を記した石碑が立っている。墓の南は碑林になっており、“自由魂”、“精神不死”などの碑文を記した石碑が並び、連州産の青石で造られた高さ3mほどの透し彫りの竜柱が小道に沿って並び立つ。 

墓地の占有面積は約3万㎡で、青々とした松や柏の木、黄色の花々が茂り、八角亭、四方池、石橋などが点在する。革命記念の地であるとともに観光名所でもある。園内にはまた馮如(中国で最初の飛行機設計士)や潘達微の墓がある。

建国後、人民政府はこの陵園を特に重視し、柵を強化するなどして保護に努めた。1961年の国務院第一回公布により、全国文物重点保護単位に指定された。また1981年と1986年の2回にわたって政府予算による補修工事が行われ、1986年には“広州新八景”に選ばれ、“黄花浩然(不屈)”と称された。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意