感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 広東省 >> 広州市 >>広州市内 >> 鎮海楼

鎮海楼(ちんかいろう)

镇海楼 / ZhenHaiLou / ジェンハイロウ

写真募集中

前漢の時代、南越王趙佗は越秀山(元の名は越王山)に朝漢台(別名・越王台)を作った。また明の永楽年代には都の指揮官だった花英によって観音閣が建てられたので、山も観音山と呼ばれるようになった。同じく明の洪武13年、広州を守護していた永嘉侯朱亮祖は宋代に築城された3つの城を併合し、広州城を北へ拡大した。盤福路を起点とする城壁は、越秀山を貫き鎮海楼(五層楼)を通って、現在の小北花園まで続き、その長さは1147mにもなる。

現在の越秀公園にある鎮海楼は明の13(1380)年、太祖皇帝朱元璋が広州城を拡張したときに城壁と合わせて修築した有名な古代建築である。永嘉侯朱亮祖が自身の功績を顕示するために、“威を以って山海を鎮める”の意味で“鎮海”と命名した。別名を望海楼、また五階建てなので通称五層楼と呼ばれる。楼は高さ28m、幅31m、奥行き16mで、頂上や各階の庇にはいずれも瑠璃瓦が敷かれている。1、2階の壁は赤砂岩造り、3階以上は煉瓦造りになっている。また楼内からは広州を一望することができる。各階の庇には名高い石湾陶器をで海亀をかたどった装飾が施され、外壁は赤壁と緑の瓦で造られている。楼の前には、嶺南美術の大作である赤砂岩の獅子像、明の嘉靖時代建立の《鎮海楼記》の碑と、1928年建立の《鎮海楼記修築》の碑が立っている。広州博物館となったのは、解放後のことである。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意