感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 広東省 >> 潮州市 >>潮州市内 >> 西湖公園

西湖公園(せいここうえん)

西湖公园 / XiHuGongYuan / シーフーゴンユェン

写真募集中

潮州市区の西北に位置する広州の代表的な古典式公園。元々は10里余りの山地だったが、現在は267ha(うち、山地面積が20ha、水域面積が6.7ha)の広さを持ち、36の西湖の中で最大である。公園の後ろには葫芦(瓢箪)山が、西には西湖が広がる。葫芦山の標高は160m余りで、瓢箪を横にしたような形からその名が付けられた。その後、麓の西湖にちなんで西湖山とか湖山とも呼ばれるようになった。古くは銀山とも呼ばれ、金山と合わせて潮州城の西北を走る両壁であった。

公園内には寿安寺や蓮花寺、処女泉などのほか、景韓亭には清代の潮州刺史・韓愈の手による、王維を記念した《白鸚鵡賦》の碑石などもある。葫芦山の岩石には、唐代以降の詩文が刻まれている。また、湖面に映る涵碧楼が、湖山の景色を際立たせている。

西湖はかつて韓江の支流で、当初は鰐魚潭、化象潭という名だった。唐代に魚を放流する池が作られ、宋代に大湖と名付けられた後、西湖の名称が使われるようになった。宋、元、明、清の各時代に防城用の河川として利用され、北濠や西濠と呼ばれた。宋代に有名な雁塔や石塔、乗風塔などが建造された。慶元5年(1199年)に州知事の林嫖による再開発で放流池がさらわれ、湖に橋が架けられた。山の水際にはいくつかの東屋が建てられた。明代に特に活発な建築活動が行われ、洪武3年に潮州城が築かれた。万歴年代(1573~1620年)に山の南側を開拓し、紫竹庵や起雲庵、釣魚台などが建てられた。また、浄慧禅寺の旧跡に寿安寺や法藏庵、延寿寺が建立された。

天啓年代(1621~1627年)には七聖廟や、老子の岩仏殿が建立された。さらに明代末期の崇禎年代(1628~1644年)までに、積翠亭の建築や北亭廟、蔚園、紫竹庵の修繕、起雲庵の再建などがなされた。だが清朝の兵団が潮州に襲来し、西湖の景勝や文物を破壊し尽くしたため、一帯は荒地と化してしまった。中華民国成立後にいくらか復旧されたが、日本軍によって多くの楼閣や文物が破壊された。1949年の建国以後、人民政府は社会主義の建設に尽力し、西湖とその景勝地の整理や拡張工事を実施した。

西湖公園のサブ項目
葫蘆山摩崖石刻 鳳棲楼 涵碧楼  
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意