感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖南省 >> 岳陽市 >>岳陽市内 >> 洞庭湖

洞庭湖(どうていこ)

洞庭湖 / DongTingHu / ドンティンフー

写真募集中

洞庭湖は昔“雲夢沢”とも呼ばれ、我が国で二番目の大きさを誇る淡水湖である。湖南と湖北の二つの省を跨ぎ、北は長江に繋がり、南は湘、資、沅、鄷の四水と接し、“八百里洞庭湖”とも呼ばれる。

“洞庭湖”は“仙人の住まう洞窟”という意味で、そこからの景色は多くの人を魅了してきた。四季折々の風景は違い、一日のうちでも変化が大きい。古人が描写した“瀟湘八景”の中の“洞庭秋月”、“遠浦帰帆”、“平沙落雁”、“漁村夕照”、“江天暮雪”など、全て現在の洞庭湖を描写したものである。歴代の文人墨客はみな美しい洞庭湖を情熱的に詠んでいる。北宋の著名な政治家であり軍事家、また文学者でもある笵仲淹の《岳陽楼記》は、岳陽楼の視角から洞庭湖の変化の目まぐるしい風景を余すところなく描写し、人々によく知られている。洞庭湖の迫力は雄大で威風堂々とし、月光は柔らかく大変美しい。たとえ天気がどんより曇っていても、人々に趣き深い謎めいた感覚をあたえ、行楽気分に浸らせてくれる。広々とした湖水の洞庭湖は“天下第一水”を名乗るに恥じない。湖に舟を浮かべている間、心がくつろぎ、気持ちが愉快になり、その楽しみが尽きることはないのだ。湖畔の風光は秀麗で、岳陽楼、君山、杜甫墓、楊麼寨、鉄経幢、屈子祠、躍竜塔、文廟、龍州書院など名所旧跡はみな国家級である。

西洞庭湖と長江の境界である城陵磯には三江という場所がある。ここから洞庭湖を眺めると、湘江は北へ、長江は東へと流れていき、水と空がとけ合って一色になり、景色は雄大で壮観だ。様々な民間伝説がここから派生しているという。

洞庭湖は広大で紆余曲折し、その最大の特徴は湖の外側に湖があり、湖の中に山があること。それは洞庭湖の中にある孤島の君山だ。その風景は秀麗で、島には七十二からなる大小さまざまな山の峰が連なり聳え立っている。ここは毎日渡し舟が通っており、およそ一時間で行き来できる。これらの山を遊覧するには一日は必要で、早朝出かけて夕方に帰ってくるとよい。君山に行き、洞庭湖も心ゆくまで楽しめ、まさに一石二鳥である。君山のもともとの名は洞庭山といい、四千年前、舜帝は南を巡り、彼の二人の妃、娥皇と女英は追及ばず、激しく泣き叫び、涙の滴が竹の上に落ち、斑竹になった。それから二人の妃が山の上で亡くなった後、墓が建立され、二人を湘妃、湘君とよび、湘君を記念するために、洞庭山を君山と改名したと言われている。現在旧跡には二つの妃墓の他、湘妃廟、柳毅井、飛来鐘などがある。

洞庭湖は有名な魚と米の郷であり、その物産は極めて豊富で、湖の特産には河貝やタウナギ、洞庭カニ、財魚など珍重な河の生き物がある。ほかには、君山銘茶、羅漢竹、方竹、実心竹、紫竹、毛竹など竹類の生産品もあり、種類も非常に多い。ここでは毎年盛大な龍舟節、荷花節と水上祭りが行われている。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意