感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 湖南省 >> 衡陽市 >>衡山 >> 南台寺

南台寺(なんだいじ)

南台寺 / NanTaiSi / ナンタイスー

写真募集中

南台寺は湖南省衡陽市南岳山応峰のふもとに位置し、福厳寺からわずか1500m程の所にある。禅宗の有名な寺の一つで、曹洞や雲門、法眼の三宗共同の祖庭でもある。
 
南台寺は502-519年(梁の天監年代)に建立され、福厳寺よりも何十年も早い。評判や影響もまた福厳寺に劣っていない。海印という禅師がこの寺院を建てたと伝えられている。元は“南寺”と呼ばれていたのだが、寺の側にある石が台として使われたことにより、後に“南台寺”と改められた。唐代の天宝時代に建て直され、宋代に至ると、寺はさらに勇壮偉大になる。明代には南台寺は一度廃墟となったが、後に修復された。736-1820年(清朝乾隆の嘉慶時代)に寺の僧が南岳廟の西廊下に個人の寺を建て、名は老南といい、元の寺は廃になった。清朝末に修復された当時、日本人僧の梅暁六休がここを訪れ(彼は南台寺石頭希遷門下の42代目の孫である)、南台寺が修復されるのを見て、『大蔵経』を一部贈った。5年後(光緒34年)、鉄眼版『大蔵経』、五千七百巻余りをまた南台寺に贈った。

742-755年(唐代天宝年代)に仏教禅宗の八祖石頭希遷禅師がここで修行をし、『草庵歌』、『参同契』を書き、仏法を広く伝え、禅宗南北両派を和解させ、その名は大いに広まった。禅宗には五大派があり、石頭希遷師の弟子は南台寺でそのうちの曹洞宗、雲門宗、法眼宗の三派を創立し、後にまたたくさんの弟子を世の中に送った。南台寺はまたこのことから、“天下法源”の名を持つ。
 
現在の南台寺は、依然清朝末に修復されたままの規模を保ち、山門、弥陀佛殿、大雄宝殿、説法堂、祖堂、雲水堂などの建物でできている。山門を入って弥陀佛殿へ行くと殿内には弥陀佛像が祭ってある。さらに行くと大雄宝殿にも仏像が祭られている。大雄宝殿の後は説法堂、祖堂、雲水堂があり、その両側には斎堂、禅房などがある。
 
1983年、南台寺は漢民族地区の全国重点寺院に認定された。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意