感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 広西チワン族自治区 >> 桂林市 >>陽朔県 >> 碧蓮峰

碧蓮峰(へきれんほう)

碧莲峰 / BiLianFeng / ビーリエンフォン

写真募集中

陽朔の東南、漓江沿いにある主峰。周りの峰とともに、今にもほころびそうな蓮の花が輪になって並んでいるように見えることから、この名がついた。そよ風が吹くと、川面に映る影は、まるで蓮の花が徐々にほころびていくように見え、陽朔の一大名所になっている。別名芙蓉峰、また山壁が鏡のように滑らかに光っていることから鑑山とも呼ばれる。観光客は船に乗って漓江の南薰門埠頭まで行き、そこから岸に上がる。左へ行くと碧蓮峰の南端の遊歩道に入れる。この道は大理石がちりばめられた石の道で、道幅は2m、曲がりくねりながら山の頂上へ続いている。途中に川を臨む迎江閣があり、韓愈の有名な詩「江作青罗带,山如碧玉簪」が正面の柱の対聯になっている。二階の八面の窓は一窓一景、それぞれが一枚の絵のようで、「画窓」と呼ばれている。

窓から遠方を望むと、北側には二つの峰が羊の角のように並ぶ陽朔山がある。元はずばり羊角山と呼ばれていたが、隋代に県都がこの地に移され、県名を「羊角」と同音の「陽朔」としたことから、陽朔山と改名された。陽朔山の隣には白鳥に似た形の天鵝山がある。山頂に巨石があり、雄鷹が一羽とまっているように見えることから、この眺めを「高山雄鷹」という。漓江を隔てて、尼龍頭山と寿仙峰があり、この景色は「双峰鎖江」という。東には東岭の尾根が横たわる。早朝に東岭を望むと、登る朝日が雲間から色とりどりに輝いて尾根を彩る。これが有名な「東岭朝霞」である。東岭の後ろ側にはたくさんの峰が連なる。赤く染めたような赤壁峰、ガジュマルのような古榕峰、鳳凰が翼を広げたような東華峰、雄ライオンがすわっているような棱角峰等々。また古榕峰の下には小猫のような猫仔山があり「古榕蔵猫」という景色を作り出している。夜の帳が降りる頃、迎江閣から東南の漓江白沙湾を望むと、漁師が漁をする様子が見える。漁火は蛍のように瞬いて水面にも映り、「白沙漁火」の美しい夜景を作り出す。

碧蓮峰は千年の名山で、歴代たくさんの書が刻まれている。最も有名なものは、清代王元仁の「帯」の草書文字で、高さ約6m、幅約3mの大字で、独特の字体をしている。たった一字だが、これには「一帯山河,少年努力」の八字が含まれ、「一帯山河,举世無双,少年努力,万古流芳」の意味がこめられている。

千年以上昔の唐代の詩人沈彬便は、碧蓮峰の住民を羨み、「陶潜彭泽五株柳,潘岳河陽一県花。両処怎如陽朔好,碧蓮峰里住人家」の詩を詠んでいる。


 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意