感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 遼寧省 >> 大連市 >>旅順口 >> 東鶏冠山日露戦争遺跡

東鶏冠山日露戦争遺跡(ひがしけいかんざんいせき)

东鸡冠山日俄战争遗址 / DongJiGuanShanRiEZhanZhengYiZhi / ドンジーグヮンシャンリーアージャンジョンイージー

写真募集中

東鶏冠山北堡塁、日露戦争陳列馆、望台砲台、二龍山堡塁の4箇所を含む。

東鶏冠山北堡塁は、1898年3月帝政ロシアが旅順を侵略した後に建設した東部防御線中、最も重要な攻守を兼ね備えた砦で、日露戦争中双方が争奪戦を繰り広げた場所である。1900年1月帝政ロシアによって建設が開始された。コンクリートと玉石で造られ、外部は2mの厚さの砂嚢と土で覆われている。内部は指揮部、士兵宿舍、弾薬庫、暗堡、側防暗堡、暗道、砲陣地、雷道、階段等からなる複雑な構造を持つ。砦は不規則な五角形で、周囲496m、面積9900平方m、周りを深さ6m、幅8mの壕が囲み、壕の外側の斜面には高圧電流網が張り巡らされている。1904年の日露戦争中、日本軍はこの砦攻めで900人余りの死傷者を出した。

ここには、ほぼ完全な形で残る戦争遺跡だけでなく、新しく建設された全国唯一の日露戦争陳列館もある。館内は解説、実物展示等様々な形式による展示がなされ、豊富な資料により帝国主義による侵略罪行をあばきだしている。

望台砲台は日本とロシアが旅順争奪戦を繰り広げた戦場である。山の上にロシア軍の大砲が2門残っていることから、地元の人々からは「両杆砲」と呼ばれている。1905年元旦、日本軍がこの望台砲台を占領し、旅順地上戦終結を宣言した。

二龍山堡塁は清政府が日清戦争前に建設したもので、相次いで日清、日露戦争の戦火を経ることになった。1894年日清戦争旅順防御戦において、清軍総領姜桂題は4部隊を率いて戦い、その名を歴史に刻んだ。1904年の日露戦争中、ロシア軍が面積を3万平方mに拡大し、大砲50門を配した。日本とロシアはここで2ヶ月にも渡る激戦を繰り広げ、最後は日本軍が攻め落とした。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意