感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 陝西省 >> 西安市 >>西安市内 >> 鐘楼

鐘楼(しょうろう)

钟楼 / ZhongLou / ジョンロウ

西安市内の東西南北に伸びるメインストリートの中央に鎮座する鐘楼(2005年2月)

写真:松倉大輔

西安の街の中央を東西南北にのびる大通りの中心にある。高さ36m、35.5m四方、面積約1377.4㎡、土台の高さは8m。独特の風格をもつ建造物だ。

鐘楼は明の太祖朱元璋の洪武17年(1384年)に創建され、当初は現在の広済街口に、鼓楼と向かい合わせに建っていた。明の神宗の万歴10年(1582年)に巡安御使龔賢によって現在地に移された。西北の角には5トンもある明代の古鐘が置かれ、その周囲には八卦の模様がつけられている。彩色を施され、装飾された鐘楼は、美しく、雄大だ。鐘をついて時を知らせたことから鐘楼の名がついた。大鐘がなると、都中にその澄んだ音色が響いたという。観音開きの扉にはみな精巧な彫刻が施され、明清代に盛んだった装飾芸術を見ることができる。各階の扉にはすべてレリーフが施され、昔の経典の逸文や典故もある。ここを訪れた者は上にあがって、古城の街の景色を眺めることができる。

地震によって損壊したが、改革解放以前は国民党軍が駐屯したため、長期間にわたって修理ができなかった。解放後、政府が資金を出して数度にわたって改修を行なった。新しく生まれ変わった鐘楼は西安の象徴的建築物となっている。

1996年9月、有名な女性建築家張錦秋の設計で、鐘鼓楼広場が建設され、鐘鼓楼は壮麗さを増している。新唐風建築もすばらしい。現在の鐘鼓楼広場は唐代の趣と現代の息吹を同時に感じられる、西安市民の憩いの場、そして旅行者が西安を知る最適のスポットとなっている。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意