感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 陝西省 >> 西安市 >>西安市内 >> 大興善寺

大興善寺(だいこうぜんじ)

大兴善寺 / DaXingShanSi / ダーシンシャンスー

写真募集中

西安市の南方、長安北路の西に位置する。晋代に創建され、当初は尊善寺と呼ばれていた。隋文帝の開皇2年に拡張され、大興善寺と改名される。インド人僧侶が寺院内に居住し経典を翻訳した。唐玄宗の開元年間、「開元三大士」と称されたインド人僧侶の善無畏、金剛智、不空がこの寺へ密教を伝え、長安は仏教経典を翻訳する三大訳所の一つとなり、中国密教の発祥地となった。

唐の開元年間にインドの高層善無畏、金剛智、不空が前後してこの大興善寺に教えを伝えた。不空和尚はインドで広く密教経典を求め、教えを請うた。大興善寺では翻訳作業をつかさどり、500冊を越す経典を翻訳した。唐の皇帝は灌頂の儀式を行った。また一帯の寺院にあったサンスクリット語の経典を広く集め、その収蔵と研究を進めた。仏教経典の整理研究を行ない、その教えを広めたことは不朽の功績である。唐代宗の時、不空は開府議同三司、粛国公に封じられ、三代国師と呼ばれた。亡くなってからは「大弁証広智不空蔵和尚」と贈り名され、巨万の富を与えられた。寺院内には不空舎利塔が建てられている。「不空和尚碑」は現在まで「碑林」の中に保存されている。

現存の大興善寺は明代に建てられた。山門を入ると、東西に鐘楼と鼓楼があり、天王殿には弥勒佛が安置され、両側には宋代の木彫りの四天王像が立っている。門内前方には金剛殿が、後方には大殿がある。大殿には釈迦牟尼佛像が安置され、両側に十八羅漢がある。一番奥には千手千眼観音殿があり、その両側には五楹配殿があり、後院は法堂方丈で、清朝光緒帝の手による「覚悟衆生」の横額がかけられている。寺院には唐代の転輪蔵経殿遺跡が、地面に1mの方形の状態で残っている。大興善寺は歴史ある仏教寺院であり、観光スポットでもある。華やかな古都、西安にある大興善寺は豊かな自然に囲まれており、厳粛な気持ちにさせられる。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意