感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 陝西省 >> 西安市 >>西安市内 >> 八路軍西安弁事処旧址

八路軍西安弁事処旧址(はちろぐんせいあんべんじしょきゅうし)

八路军西安办事处旧址 / BaLuJunXiAnBanShiChuJiuZhi / バールージュンシーアンバンシーチュージウジー

写真募集中

共産党軍が、1937年から1946年の間に、国民党統治区に開いていた合法的機関。主要任務は、党の抗日路線を宣伝して、抗日民族統一戦線工作を展開すること、また青年を召集して延安に送り、革命に尽力すること、そして、陝甘寧辺区と抗日前線を奪取するために、戦時物資を調達することだった。

今日の八路軍西安弁事処旧址は西安市北新街七賢庄にある。1936年12月、西安事変が平和的に解決され、中国共産党は西安市七賢庄に「紅軍連絡所」を設立。1937年、抗日民族統一戦線成立後、紅軍は国民革命軍第八路軍に改編され、紅軍連絡所も「八路軍駐陝弁事処」と名を改めた。これと前後して、林伯渠、董必武が党代表となった。

八路軍西安弁事処旧址は、七賢庄1、3、4、7号院を含んでいる。1959年に、人民に革命の歴史を知ってもらうため、1号院をもとの状態に修築して、八路軍西安弁事処記念館とした。記念館には、当時の応接室、執務室、党代表室、救亡室、機密室、地下室、任務従事者の居室などが再現され、大量の書類、記章、通信機器、書物、新聞、烈士の手稿、写真など、革命に関連する文物が展示されている。弁事処設立の経過や、歴史、ここにいた者達と敵との闘争の様子などが、具体的に示されていて、革命を知るための絶好の場所となっている。

党中央指導者林伯渠、劉少奇、朱徳、周恩来、葉剣英、鄧小平などが、前後してここに居住し、現在その居室が再現されている。記念館には当時の重要書類、手稿、書物、刊行物、写真などの実物が展示されている。

七賢庄1号院は南向きに建っていて、西に西新街、その前後に四棟の平屋がある。四合院造りで、敷地面積は4500㎡。門を入ると、東には、各界人士や、延安で奔走した進歩青年と対応した応接室がある。西には車庫があり、弁事処で使用されていた、米国製シボレーが展示されている。この車は延安へ重要物資を送る際に使用された。二つ目の平屋には周恩来、朱徳、劉少奇、葉剣英、鄧小平、中国援助医療隊などの居室がある。この北には、厨房、理髪室、井戸がある。三つ目の棟には機密室、救亡室、訳電室、放送室、地下室、所長室、党支部執務室、ベチューン医師、彭徳懐の旧居がある。四つ目の棟はここで任務に従事していた者の住居がある。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意