感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 陝西省 >> 西安市 >>西安南郊 >> 興教寺

興教寺(こうきょうじ)

兴教寺 / XingJiaoSi / シンジャオスー

写真募集中

西安の南20km、長安県少陵原にある。唐代樊川八大寺院の一つで、高僧玄奘法師が眠る。664年に玄奘法師が亡くなった時には白鹿原に埋葬されたが、唐高宗の総章2年(669年)に、樊川風栖原に改葬され、そこへ5層の霊塔が建てられた。翌年には寺も建てられ、唐粛宗が「興教」の2字を記したことから興教寺と名づけられた。

寺は南向きに建てられ、門内には2つの鐘楼が道をはさんで対峙している。荘厳で、かなたに終南山を望み、峰が重なるさまが美しい。仏教関係者が多く訪れる、玄奘の名残を感じることのできる寺。寺院内には明代の銅仏像、ミャンマー玉仏像が1体ずつあり、さらに歴代経典数千冊がある。周恩来総理がインドのネルー首相をここへ案内したこともある。

興教寺塔は玄奘霊塔とも呼ばれ、長安区興教寺慈恩塔院内にある。玄奘(602-644)は唐代の高僧で、唯識思想の祖として知られている。669年に現在塔の建つ地へ改葬された。左右には二人の弟子、窺基と円測の霊塔がある。玄奘塔は方形の5層のレンガ造りで、高さ約21m、底辺5.2m。一階部分が高く、南には龕室があり中に玄奘の塑像が置かれている。典型的な早期楼閣様式の塔。両側にある弟子の霊塔は方形3層で、高さは7m前後。「窺基塔」は唐永淳元年(682年)に創建され、大和3年(826年)に再建された。「円測塔」は北宋政和5年(1115年)、終南山豊徳から遺骨をうつして建てられた。

現在の興教寺は、殿房、蔵経楼、塔院の三部分からなる。大雄宝殿は山門に面しており、中には明代の銅仏像とミャンマーから贈られた白玉石刻の弥勒菩薩が各一体と、彩色された宗教故事画がある。殿の後ろは講経堂。蔵経楼は東院にあり、二階建てで、一階には玄奘に関する肖像画や書画、周恩来、ネルーらが玄奘墓に訪れた際の写真が展示されている。ニ階には『蔵経』『大蔵経』など数千冊の経典や書籍、パーリ語で書かれた『貝葉経』の一部が所蔵される。西院は慈恩塔院とも呼ばれ、玄奘と弟子の円測、窺基の遺骨が収められている。3基の舎利塔が並び建ち、塔の北にある慈恩殿には玄奘と弟子の石刻像などがある。ここは中国インド両国の友好関係を示す仏教寺院でもある。

興教寺は千年以上の歴史をもつ。いくたびの栄枯、転変を経て、創建百年後には「塔に主なく、寺に僧なし」の状態になった。唐文宗太和2年(828年)に再建されたが、清同治年間(1862-1874)の戦火で3基の舎利塔以外の一切が焼け落ち、廃墟となった。1922年大殿、僧房十間余りを改修し、それと前後して朱子橋、程潜によって葺塔亭、大殿、蔵経楼、山門などが増築され、あわせて3基の塔を改修した。新中国成立後、政府が資金を出して完全修復がなされ、1982年から、再度全面改修と増築が行なわれた。1983年興教寺は漢族地区全国重点寺院とされた。現在の興教寺の主要建築物は、山門、鐘鼓楼、大雄宝殿、法堂、禅堂、蔵経楼などだ。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意