感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 四川省 >> 成都市 >>都江堰市 >> 都江堰

都江堰(とこうえん)

都江堰 / DuJiangYan / ドゥージャンイェン

写真募集中

四川の都江堰市の西の、古代の偉大な水利事業として有名な堰である。岷江が山地から成都の平原に流れ込む位置に建設された。この堰ができる以前は、激流のためよく災害が起こったものである。2200年前の戦国時代に、秦国の蜀の太守、李氷とその息子が、先人の知恵を生かし、水利事業を行った。

この工事では魚嘴、飛沙堰、宝瓶口の3つの堰が建設された。魚嘴は江心の分水堤防で、岷江を外江と内江に分けるもの。外江は排水用、内江は灌漑用に引水している。飛沙堰は排沙と水量調節の役割を果たす。宝瓶口は流入する水量を調節する堰で、口の形が瓶のネックのような形をしているのでこの名がついた。内江の水は宝瓶口から四川の西の平原に流入し、農業用に使用されている。玉塁山を切り開いた丘の部分は「離堆」と呼ばれる。

海外から訪れる水利関係の専門家は、この工事のレベルの高さに感嘆の声を上げる。飛沙堰が流水の旋回理論をうまく利用して設計されていることがその一例である。平時は灌漑用に引水でき、水かさが増えると外江に排水でき、また、砂石を排出し、大きな石は堰の上方に転がっていく構造になっている。当時はセメントがなく、このような大規模な工事では現地で材料を調達し、竹篭に卵大の石を詰めたものを利用したので、費用をかけずに効果的な堰が作られたのである。

名所旧跡も少なくない。離堆に建つ伏龍観は三重の殿である。前殿には1974年に外江の水門を建設した際に川床から取り出された、高さ2.9m、重さ4.5tの李氷の石刻像が展示されている。石像は東漢霊帝初年、今から約1800年前に作られた中国最古の石像で、非常に珍しいものである。後殿には灌区の電動模型が展示されている。伏龍観の左側は宝瓶口である。観后の頂点には観瀾亭が建っている。2階建ての八角形の建物で、遠方に魚嘴、索橋、岷江の激流、西峰の雪を臨むことができる。

玉塁山麓の二王廟は、李氷親子の治水事業の功績をたたえて南北朝時代に建てられたもの。廟の大殿と後殿には李氷と次男の像が展示されている。廟内の石壁には李氷が治水を行ったときの掛け声の文句が彫られている。

二王廟前方の安瀾橋は、内江と外江の分岐点にかかる吊り橋である。宋代以前に作られたものだが、明末、戦火により破壊され、清の嘉慶8(1803)年に再建された。木材と石材を土台にし、目の粗いお碗状の竹篭を並べてその上に木の板を並べ、両脇に竹製の手すりをつけたもの。現在の橋は、魚嘴に外江の水門があり、水面から橋までの距離が100m、竹の手すりが金属になり、木でできていた杭も鉄筋コンクリートになり、橋そのものも500mから240mになった。遠目に見ると虹がかかっているようでもあり、また漁師が網を打っている様子にも見える。

都江堰のサブ項目
二王廟 伏龍観 飛沙堰 魚嘴
宝瓶口 安瀾索橋    
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意