感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 雲南省 >> 大理白(ペー)族自治州 >>大理古城地区 >> 大理古城

大理古城(だいりこじょう)

大理古城 / DaLiGuCheng / ダーリーグーチョン

写真募集中

大理古城は叶楡城、紫城、中和鎮とも呼ばれている。歴史を遡れば、唐の天宝年間、南詔国の王が羊苴咩城(今の三塔寺付近)を建てた際、その都に定めたのが始まりで、現在の古城は明の洪武15年(1382年)に建てられた。文献によれば、城壁一周の長さは6キロ、高さは約8m余り、幅は約6.5m余りで、東西南北には一ヶ所ずつ城門が造られ、その上にはそれぞれ通海、蒼山、承恩、安遠と名前の付いた城楼が建っていた。また四隅には角楼が建てられ、それぞれ頴川、西平、孔明、長卿と呼ばれていた。城壁の外壁はレンガ造りで、城壁の下は堀に囲まれていた。城壁内の町は碁盤の目のように南北に5本、東西に8本の道が通っていた。これらの建築物はほとんど跡形も残っていないが、ほんのわずかに残っているものもあり、南北の城門の一部は現在まで保存されている。南の城門は1982年に修復され、門の上には郭沫若の書による「大理」という文字がはめ込まれている。

城内を南北に貫く大通りの両側には黒い屋根瓦の民家や商店が軒を並べ、古風で素朴な雰囲気が漂う。また「三房一照壁」や「四合五天井」と呼ばれるペー族独特の民家は一見の価値あり。「三房一照壁」とは、一つの敷地内に母屋とその両側に一棟ずつ建物があり、母屋の正面に大きな壁が立っている造りで、午後になると日の光が壁に反射し、敷地全体が明るく照らされるようになっている。この造りは下関に特に多く見られ、強い偏西風を避けるために母屋は東向きに建っている。「四合五天井」とは敷地内に四つの建物が向かい合って建っていて、その建物どうしの四つのつなぎ目部分に小さな庭がある。さらに建物に囲まれた中央の大きな中庭を合わせて「五天井(天井とは庭のこと)」となる。

大理の道沿いには多くの大理石製品を扱う露天が並ぶ。大理は大理石の名の由来にもなっている通り、大理石の産地で、蒼山の十九の峰々にも全て大理石がある。大理石はきめが細かく光沢があり、模様の出方も様々で、唐代の南詔国の時代にはすでに生産され、利用されていた。北京にある英雄記念碑の台座のレリーフや毛沢東記念堂の毛沢東像、昆明の西山にある聶耳墓の聶耳像など、全て大理石の一種である漢白玉から作られている。ここ大理の露天に並ぶ大理石の工芸品は、ついたてや筆の柄、花瓶など種類も豊富で模様も多彩。見てまわるだけでも楽しめる。

また、大理の人々は花好きで各家には皆花壇があり、大理ツバキやツツジ、スルガランなどが咲き誇る。

大理古城のサブ項目
大理洋人街 西雲書院    
 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意