感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 雲南省 >> 大理白(ペー)族自治州 >>下関 >> 大理州博物館

大理州博物館(だいりしゅうはくぶつかん)

大理州博物馆 / DaLiZhouBoWuGuan / ダーリージョウボーウーグヮン

写真募集中

大理ペー族自治州博物館は大理市下関洱河南路8号にあり、1986年に建てられた。雲南省で最初の州立博物館。

この博物館の占有面積は10ヘクタール、博物館の総面積は8800平方メートル、展示面積は4600平方メートル、緑化面積は14000平方メートル、公共のスペースが総面積の五分の四を占め、今の世界レベルの設計基準を完全に満たしている。建物の配置は左右対称で、入り口の門、アーチ橋、ホール、照壁、中央展示ホールを中心にして、展示館と各庭の間は回廊でつながっている。展示館の造りには「三坊一照壁」や「四合五天井」が取り入れられ、建築材料や装飾の手法も基本的にペー族の民間伝統に基づいていて民族色の濃い雰囲気が漂う。博物館の建物全体は周囲の木々の緑とあいまって、ペー族建築芸術の美しい景観を形作っている。

大理地方には4000年余りの文明の歴史がある。唐宋時代にはここには南詔国と大理国の二代にわたって地方王朝がたち、唐代以来南方のシルクロードの中枢を担ってきた。ペー族自治の大理州は、古来より中原地域の進んだ文化に育まれ、独自の文明史を創りあげてきた。これまでの蓄積された豊富な文化によって、現在国、省、県と市の重要文化財保護単位の指定を受けているものは、合わせて266項目に上る。ペー族自治州は全国にある30の少数民族自治州の中でも最も文化財や遺跡の多い自治州で、国が進める考古学と発掘調査において重要な地域となっている。

大理州博物館は南詔国、大理国時代の歴史や文化に関する展示物が中心。青銅器、陶磁器、石刻芸術を主体にし、ペー族の文化や風習など地方性を持った総合博物館で、大理ペー族自治州が文化財の調査、発掘、収集、収蔵、展示、研究を行う中心機関にもなっている。博物館がオープンしてからまだ20年と経っていないが、開館当時からの収蔵品の規模は歴史文化、民族文化、革命文化などに関するものやその他資料、大理石製品など7000点余り、そのうちの多くはここにしかない貴重なもので、銅鼓、編鐘、鋳型、馬紋銅斧、西漢から晋代の水田の模型、陶製の家や人物、馬、各種陶器、南詔大理国時代の阿嵯耶観音、弥勒菩薩、天王力士像など異なる素材の仏教関連の塑像や金剛降魔杵、塔の模型、大理国写本の経典、元明代の陶磁器、大理石の自然の模様でできた「孔雀開屏」や「美猴出世」など。館内には合わせて12の展示ホールがあり、そのうち8つは常設展示ホールで「青銅器文化」、「南詔大理国文化」、「南詔大理国石彫芸術」、「南詔大理国絵画芸術」、「陶磁器」、「大理石作品」、「大理近現代革命史蹟」、「ペー族民俗」に分かれていて、独特な大理文化に関するものを展示している。

大理州博物館には開館以来毎年中国内外から延べ10万名を越える見学者が訪れている。これまでに20の国と地域の政界や学界の主だった人々の視察を受け入れ、中国国外との関連業務も果たしている。また国と中国共産党もこの博物館の建設、発展に注目している。大理州博物館はペー族自治州の対外開放政策の重要な窓口となり、さらに中国国民に対しての歴史唯物主義、弁証唯物主義、愛国主義教育の拠点として国から「全国小中学生愛国主義教育の基地」と呼ばれている。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意