感動大陸

観光情報満載の中国旅行専門サイト

サイトナビ|中国格安航空券中国ホテル予約中国地域・観光地ガイド

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> 現地情報 >> 中華人民共和国 >> 雲南省 >> シーサンバンナ傣(タイ)族自治州 >>その他の地区 >> 景真八角亭

景真八角亭(けいしんはっかくてい)

景真八角亭 / JingZhenBaJiaoTing / ジンジェンバージャオティン

写真募集中

景真八角亭は勐海県勐遮郷景真村の傍らにある丸い形をした丘の上に建っている。景洪市からは16キロの距離。国の重要保護文化遺跡に指定されている。昔勐景真王宮の傍らに建っていたので、その形から景真八角亭と呼ばれる。地元のタイ族の人々は「波蘇景真」と呼ぶ。「波蘇」とは蓮の花の冠の意味。

この仏亭は八角形をしており、レンガと木でできていて、高さ21m、基礎の高さは約5m、31の面と32の角がある。壁には象、ライオン、虎、牛、馬などのレリーフがある。基礎の上の亭本体は幅6m、軒までの高さ2.5m。室内の24面の壁には金粉を使った絵がたくさん描かれている。

亭には東西南北に四つの入り口がある。正面の入り口はアーチ型で、その上には仏龕がおかれ、銅製の仏像が安置されている。二枚の扉はシンジュの板でできていて、入り口の上にはさらに向日葵と二頭の龍が尾を絡ませているタイ風の絵がそれぞれ彫ってある。入り口の前は木のはしごと石段がつながっていて、両側にはそれぞれ獅子と龍神が立っている。亭の外壁は鏡や色ガラスがはめこまれ、いつもきらきらと輝いている。八角亭の屋根の角はすべて「人」の字型で、階段状に十層になっている。その屋根は魚の鱗のような形の瑠璃瓦で覆われ、陶製の草花と宝塔がついている。また屋根の角の部分には、金鶏や鳳凰の像が立ち、風除けのひさしの間には色とりどりの珍しい草花が彫ってある。亭の一番上にはアルミでできた蓮の花の天蓋があり、その上には鉄の風鈴がついている。八角亭の上には他にもたくさんの風鈴がついていて、常にその音が聞こえている。

八角亭は仏教建築物で、景真地区の中心になる仏教寺院の一部。景真のタイ語で書かれた歴史書によれば、八角亭のある丘にタイ暦1063年(1701年)景真仏寺が建立され、この八角亭も同時期に建てられた。八角亭を建てたのは庁蚌という高僧で、当時は名声が高く人望もあり、景真仏寺の第三代住職を務めた。庁蚌は八角亭を建てる際、人をタイやミャンマーへ視察に派遣し、さらに漢民族の職人を招いて技術指導に当たらせた。八角亭はタイ族と漢民族の知恵の結晶といえる。その昔、この八角亭にタイ暦の毎月15日と30日に景真地区の仏たちが集まり、高僧の説法を聞いたり、大事な宗教活動の決め事をしていた。また日常の重大事項を処理するところでもあり、僧侶が仏になる場所でもあったという。流沙河のほとりにそびえる八角亭の姿は周囲のタイ族の村の景色と溶け合い、旅行者にとっては重要な見どころになっている。

 
 

エリアカテゴリー

 

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意