中国ダブルビザの詳細と申請要件・必要書類について

中国への航空券やホテル予約とビザ手配の専門サイト感動大陸 

感動大陸は中国への格安航空券やホテルの専門サイトです

中国専門ならではの知識とサービス

new感動大陸が提供する新しい形の中国語教室「ピンイン道場」 ~発音力を高める中国語教室~
日本で唯一の発音と声調安定に特化した中国語教室。4週間であなたの中国語が変わります。 詳細はこちら

トップページ >> ビザ・渡航手続き >> 中国ビザ代行申請 >> ダブルビザ

中国ビザ案内 - ダブルビザ(二次査証)

ダブルビザの概要

ダブルとは入国出来る回数を表します。
つまりこのビザを使って中国へは2回入国することが出来ます。

ダブルビザは親族訪問、業務を渡航目的として申請をすることが出来ます。

ダブルビザの有効期間

ダブルビザは滞在可能日数に関わらず発給から6ヶ月間です。

ダブルビザは入国回数は2回ですので、6ヶ月の間に2回中国に入国出来ることになります。

ダブルビザ毎回90日滞在のビザを例にとって説明しますと、6ヶ月の間に2回中国に入国することが出来て、1回目も2回目も、実際の入国日から計算して最大90日まで連続で滞在出来るということになります。

ビザの有効期間とは中国大使館でビザが発給された日から、そのビザを使用して入国が出来る期間を指します。あくまで「入国が出来る期間」期間です。以下の滞在可能日数と混合しやすいので注意して下さい。

ダブルビザの滞在可能日数

ビザの滞在可能日数とは実際に中国に入国した日を1日目として、連続して滞在滞在出来る日数を指します。

ダブルビザで選択できる滞在可能日数は30日間・90日間です。
渡航目的による滞在日数の違いはありません。

30日滞在 90日滞在
観光目的 × ×
知人訪問目的 × ×
親族訪問目的
業務目的
観光目的、知人訪問目的については以下の[注意事項]欄をご覧下さい。

申請に必要なパスポート残存日数

中国大使館の窓口に申請を出した時点で、ビザを取ろうとするパスポートの残存日数が規定を満たしていない場合は申請が受理されませんので、新しいパスポートを取得してからビザ申請をしていただく必要がございます。

申請時に必要なパスポート残存期間
30日滞在 7ヶ月
90日滞在 9ヶ月

申請に必要なもの

渡航目的によってご用意いただくものが変わります。
ここの部分が一番複雑ですので注意をして読み進めて下さい。

[注意事項]

15日以上中国に滞在するなら : 中国ビザ ‐ 観光から業務・駐在・就労・留学まであらゆる中国ビザの申請を代行。最短3日で取得可能。

中国格安航空券 : 東京発 中国格安航空券 | 名古屋発 中国格安航空券 | 関空発 中国格安航空券 | 福岡発 中国格安航空券

中国での宿泊も感動大陸にお任せ! : 中国ホテル予約 ‐ 中国各都市のホテルを格安料金でご提供しています。

空港送迎サービスも迅速手配 : 空港送迎サービス・現地発ツアー ‐ 空港で日本語ガイドがお出迎え。現地発ツアーも豊富にご用意